青空と暮らす家。

トップページ > トピックス > 春田彦珈琲 > 【春田彦シリーズ】ソラマドの今後のイベントは「ラボ」?【前編】

coffee春田彦珈琲

【春田彦シリーズ】ソラマドの今後のイベントは「ラボ」?【前編】

2022.08.23

CATEGORY:春田彦珈琲

こんにちは、ソラマド広報担当の村嶋です。

今回は【春田彦シリーズ】として、ソラマドの春田彦さんと永田さんに「ソラマドの今後のイベント」について語っていただきました!

お二人ならではの掛け合いは必見です!

それでは、前編スタートです!

 

 

ーー今まではどんなイベントをしてきたんですか?

(春田)今までは、季節のイベントをしていましたね。花とかリースとかが多かったです。

(永田)素材にこだわって、いいものができたって喜んでくれる人もいたよね。

 

(春田)参加人数を4.5人に限定して、テーブルでできる人数で午前・午後の部に分かれてやったりしてましたね。

 

よくあるイベントは、もうやらなくていいかなとも思ってますね。

ワークショップはあんまり好きじゃなくなってきました。

 

ーーそうなんですか?!

(春田)変えていきたいですね。発見していきたいというか。


(永田)今の人たちって何を求めてるんだろうって思いますね。ソラマドに価値を感じてきてもらえるようにしたいなと。

(春田)そういえば、この前個人的にハーバリウム作りのワークショップに行ったんですが、楽しくなくて。

 

ーー楽しくなかったんですか?(一同笑い)

(春田)用意されてたものを調合して作るんですけど、体験ができたように感じなくて。

持ち寄って、人が人に教える。誰が先生でもない、というのをやりたいなと。

みんなでスパイスを持ち寄ってスパイスカレーを作る、みたいな感じがいいですね。


(永田)ちなみに、ソラマド筑紫の屋号の「ライフラボ筑紫」の「ラボ」は実験っていう意味なんですよね。

建物という器の中で、どういう暮らしができるかというのを体感して、経験してもらいたいと思ってます。ある意味実験でもあるし、積み重ねていくチームという感じです。

(つづく)

次回は【春田彦シリーズ】の後編をお届けします!お楽しみに!